虫歯だらけにしないための子供の虫歯予防

子供の虫歯予防は、どうすればいい?

子供の頃虫歯になってしまうと虫歯はどんどん進行して大人になると虫歯だらけで苦しむこともあります。

子供の虫歯、予防しないとどうなる?

読了までの目安時間:約 3分

memo
子供の時生えている乳歯は永久歯に比べて非常にもろくできています。そのため一度虫歯ができてしまうと永久歯が虫歯になるより進行速度が速いです。

また、乳歯の虫歯はすぐに虫歯菌が神経に到達してしまうので、虫歯から起きる体のほかの部分への悪影響も永久歯より早く訪れます。

乳歯はすぐ抜けてしまう歯だからと言って虫歯を放置してしまう大人がいます。しかし、乳歯の時に虫歯を放置することで、永久歯の成長にも悪影響を及ぼし、きれいな永久歯が生えて来なくなってしまうこともあるのです。

きれいな永久歯を大人になっても維持するためにも、子供のころからしっかりと虫歯予防を習慣化させる必要があります。

家庭だけの虫歯予防対策で不十分な場合は、歯医者で検診を受けて虫歯予防を行ったり、軽い程度の虫歯のうちに治療しておけば虫歯が広がる心配はないのですが、虫歯を放置してしまうとどのような影響が現れるのかを見ていきましょう。

口腔内だけじゃない!!放置された虫歯の恐怖

 

虫歯は一度かかってしまうと自然治癒することはありません。そのため予防が一番大切なことなのですが、予防してもかかってしまった場合には早めに処置を行う必要があります。

最初は冷たいものがしみて痛い程度でも、そのまま放置しておくと何もしなくてもずきずきと痛みを感じるようになります。

歯の痛みはほかの部位の痛みとは違って神経の痛みなので、鎮痛剤を服用してもなかなか収まらないことも多く、痛みで4イライラしてしまうこともあります。

また、痛みで食事が思うように取れなくなり、胃や腸の調子が悪くなるほか、子供の場合は成長を妨げてしまうこともあります。

乳歯の虫歯は放置すると永久歯の成長を妨げてしまうため、ぼろぼろの永久歯が生えてくることがあります。また、乳歯はどうせ抜ける歯だからと、虫歯になった乳歯を早く抜いてしまうと歯並びが悪くなってしまうことがあります。

歯並びが悪くなると見た目が悪くなるのはもちろんですが、滑舌が悪くなったり、食べ物をかみ砕くことができなくなって消化不良を引き起こすこともあります。

虫歯で痛みや違和感のある歯があると、特に子供の場合には反対側の歯でものを食べようとします。その結果、顔の筋肉や骨格のバランスに異常をきたし、顔全体のバランスが崩れてしまうこともあります。

歯の痛みや見た目の悪さ、活舌の悪さなどから人とコミュニケーションをとるのが苦手になって、引きこもりがちになってしまうこともあるため、虫歯予防は子供のうちからしっかり行ってください。

 

虫歯の予防

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る