虫歯だらけにしないための子供の虫歯予防

子供の虫歯予防は、どうすればいい?

子供の頃虫歯になってしまうと虫歯はどんどん進行して大人になると虫歯だらけで苦しむこともあります。

子供の虫歯を予防するポイント

読了までの目安時間:約 3分

hushau
子供のうちは発達検診や通っている幼稚園や学校などで歯科検診があり、ほとんどの子供はそこで生えている歯の状況や虫歯の状態などをチェックされます。

状態がひどい場合には歯医者に行ってくださいと指示されることもあります。そうならないようにするために小さいころから虫歯予防はとても大切です。

小さいうちから検診以外でも歯医者に通って、フッ素塗布などの予防策を講じたり、虫歯になりかけの歯を早く見付け、ひどくなる前に治療を開始することが大切です。

そうすることで虫歯を予防することができるほか、歯医者に慣れておくことで歯医者への恐怖心を払しょくすることもできますが、子供の虫歯予防に必要なのは、歯医者の予防措置と並行して行う、家庭での予防対策です。

自宅で行う虫歯予防は歯医者が行う予防対策とは異なり、1本1本の歯を細かく見て行うわけにはいかないため、すべての歯を平等にケアしていくことも大切です。

そのためにはポイントをいくつかに絞って、そのポイントに沿った虫歯予防対策を行うとよいです。

子供の虫歯予防にはフッ素と家庭での予防が大切

 

歯ブラシは自分でしっかりと行えるようになるまでは、大人がしてあげてください。自分でできるようになっても小学校低学年くらいまでは大人が最後に仕上げ磨きをしてあげましょう。

虫歯菌は歯垢の中で増殖しやすいため、歯垢がたまりやすい歯と歯の間や歯と歯茎の間を念入りに、歯ブラシを小刻みに動かして、軽い力で1本1本丁寧に磨くようにします。

日中は口を動かす機会が多く、唾液が活発に分泌されているため、唾液によって口内がきれいに洗い流され虫歯菌を防いでくれますが、夜寝てしまうと唾液の分泌が鈍り、口の中が不潔な状態になってしまいます。

夕食や寝る前に食べたものの食べかすなどが残っているとあっという間に虫歯になってしまうので、夜寝る前の歯磨きは特に念入りに行ってください。

虫歯予防対策として歯医者でフッ素を塗ってもらう子供が多いですが、フッ素は日常で使用する歯磨きなど荷も配合されていることがあります。

より虫歯を予防したい場合には歯医者のフッ素塗布だけに頼るのではなく、このようなフッ素入り歯磨きや虫歯予防に効果のあるブリアンという歯磨き粉を使用して歯磨きを行います。

子供はおやつが大好きですが、砂糖の含まれているおやつはなるべく避け、できるだけ甘くない手作りのお菓子を食べるようにします。

時間を決めて食べると口の中に長い間たまっていることがなくなるため、口の中が酸性の状態になっている時間が少なく、虫歯予防に効果的です。

 

虫歯の予防

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る