虫歯だらけにしないための子供の虫歯予防

子供の虫歯予防は、どうすればいい?

子供の頃虫歯になってしまうと虫歯はどんどん進行して大人になると虫歯だらけで苦しむこともあります。

子供の虫歯予防!赤ちゃんの頃からできる方法


asasad

赤ちゃんに歯が生えてくると成長を感じてとてもうれしいものです。しかしそれと同様に虫歯のことが気になってきます。

大人の中には乳歯のうちはどうせ抜けるのだから虫歯を放っておいても大丈夫という人がいます。しかし実際には乳歯の虫歯を放置することで後々まで苦労することになってしまいます。

虫歯は虫歯の原因となるミュータンスが歯垢の中で増殖し、糖分を利用して活発に酸を作り出し、その酸が歯を溶かしていくことから始まります。歯は非常に硬いものですが酸には弱い性質があるのです。

一度虫歯になった歯は二度と健康な歯に戻ることはありません。乳歯のうちに虫歯になってしまうと虫歯が進行するにしたがって、根元の永久歯の成長を妨げてしまい、健康的な永久歯が生えてこない場合もあります。

そのためにも赤ちゃんのうちから虫歯予防を行い、少しでも異変を感じたらひどくならないうちに対策を立てることが肝心なのです。

赤ちゃんのうちから虫歯予防することで健康的な口内環境を作る

生まれたての赤ちゃんの口内には虫歯の原因となるミュータンス菌は存在していません。ミュータンス菌のほとんどが、2歳半ぐらいまでに大人から感染するのです。

感染する年齢が遅くなればなるほど虫歯になりにくいので、まずは大人から虫歯菌を移されないようにすることが大切です。

ミュータンス菌は唾液を介して感染していくため、離乳食を食べさせる際、大人の口でかみ砕いたものを赤ちゃんにあげたり、大人が口を付けた箸やスプーン、食器などで食事を上げるのはやめましょう。

また、赤ちゃんの口にキスをするのも虫歯予防の観点から考えるとよいことではありません。特に親や祖父母が虫歯が多い場合、子供も虫歯が多いことがわかっています。できるだけ感染経路は封じておきましょう。

また、赤ちゃんのうちから歯磨き習慣をつけておくことはとても良いことです。最初のうちは赤ちゃん用の歯ブラシでもなれないと口の中に入れられるのを嫌がる傾向があります。

そのようなときはガーゼなどを人肌の温度のお湯に浸して、口の中を拭いてあげましょう。口の中を拭くと気持ちがいいということを覚えれば、自然と歯ブラシにも抵抗を感じなくなります。

赤ちゃんのうちは自分で何かをするということはできません。そのためすべての責任が親にのしかかって来ます。

抵抗されたり、なかなか思うようにいかないといらいらすることもあると思いますが、子供が虫歯で苦しまないことを願って地道に取り組んでください。

自分でもできるようになったら子供にも虫歯予防対策を

hugyu

赤ちゃんのうちは自分一人では何もできないため、離乳食のメニューを考えるのも、虫歯予防のケアを行うのも親や周囲の大人がしてあげる必要があります。

また、このころの虫歯予防対策が今後の口内環境にも影響を及ぼすので、周囲の大人はしっかりと口内を観察し虫歯予防してあげる責任があります。

子どもの虐待をチェックするために、児童相談所などが小児科だけでなく歯医者にも協力を求めるのはそのためなのです。

しかし子供も3歳くらいになるとある程度のことは自分でできるようになります。そして実はこの自分でいろいろなことができるようになる年代が虫歯予防には一番大切な時期になってくるのです。

子どもはまだまだ大人の手を借りないと、いろいろなことを完全にやることはできません。しかし、大人はある程度のことができるようになったことで、子供から少し目を離してしまいます。そのすきに虫歯ができて進行してしまうこともあるのです。

ですから、自分でいろんなことができるようになったとほめる一方で、口の中など自分では見えないところのケアなどはまだまだ親の手を借りる必要があります。

周囲の大人もこれで手が離れた時を抜かず、今まで以上に虫歯予防に力を貸してあげてください。

赤ちゃんのころとは違う!?子供の虫歯予防

3歳くらいになると保育園に入園している子も多いですし、幼稚園への入園を控えている子も増えます。自分でご飯を食べることができるようになる子が多くなるのでミュータンス菌を大人から移される機会は減ってきます。

しかし、このころになっても子供の口にキスをする大人はまだいます。子どもの虫歯のことを考えるならキスは別なところにしてあげてください。

自分で歯磨きなどもできるようになるため、子供用の歯ブラシを使って正しい磨き方を教えてあげましょう。正しい歯磨き方法を教えても、完璧に実行は難しいため、最後は必ず大人が仕上げ磨きを行ってください。

虫歯は歯の表面より歯と歯の間にできやすいため、歯磨きの後デンタルフロスなどを使用して歯と歯の間もきれいにします。

歯磨きは気先を歯の面にしっかりとあてて、軽い力で小刻みに動かしながら1本1本磨いて行くのがコツです。歯垢は歯と歯茎の間にたまりやすいので、歯の表面を磨くより、歯と歯茎の間を中心にブラシを動かします。

今注目を浴びている子供用の歯磨き粉ブリアンは、虫歯の発生を抑える善玉菌やオリゴ糖などをバランスよく配合した歯磨き粉です。

虫歯菌の餌となる歯垢を除去する働きもあるため、虫歯予防には非常に効果的です。一般的な歯磨き粉は発布材や殺菌剤により、虫歯予防に大切な菌まで殺してしまうことがありますがブリアンならそのようなことがないため安心して使うことができます。

子供の虫歯予防には食事にも注意

jhlijljl

生後6か月になると乳歯が生え始め、4、5歳になると早い歯から永久歯に生え変わりだします。乳歯の虫歯は永久歯の虫歯とは違い、色も白く目立ちにくいことや、乳歯の歯の性質がもろいことから一度虫歯にかかってしまうと進行しやすく、進行して神経にまで及んでしまうと、永久歯の成長にも影響を及ぼします。

しかし、赤ちゃんの頃は周囲の大人が注意をすることで防ぐことができますが、自分である程度のことができるようになると、注意していても自分で勝手におやつを食べたりジュースを飲んだり、歯に良くないことをしてしまうため、大人がが注意していても虫歯になってしまうこともあります。

虫歯は歯磨きや口腔ケアをしっかり行うことで予防することができますが、口腔ケア以外にも食事に気を付けることで予防することができるのです。

虫歯予防のためにできれば避けたい食べ物やぜひ摂取したい食べ物などを紹介します。

虫歯予防は食べ物から!!おすすめの食べ物とNGな食べ物

砂糖が虫歯にとって大敵な食材であることは小さい子供でも知っていることと思います。糖分が歯に付着することで歯垢の中で酸を作りやすくし、虫歯になるリスクが高くなるのです。

砂糖を含まない食べ物はお菓子類ではほとんどないに等しいですが、できるだけキシリトールなどの人工甘味料に切り替えたおやつを摂取するように心がけ、砂糖は控えめにしましょう。

ケーキやかりんとう、チョコレート、和菓子、カステラ、クッキー、飴やガム、キャラメルなどが非常に砂糖を多く含む食べ物ですが、特に飴やガム、キャラメルなどは口の中に入れておく時間も長いためリスクが高くなるので注意です。

食べ物に注目しましたが、飲み物はさらに虫歯のリスクを高くします。食べ物はある程度歯が発達していなければ食べることができませんが、飲み物は上手に飲めるようになればすぐに摂取できるので注意が必要です。

水分補給などに使用しがちなスポーツドリンクなどは、見た目とは異なり非常に糖分を多く含んでいるのでできるだけ避けるようにします。乳酸菌飲料や炭酸飲料、コーヒー牛乳なども避けてください。のどが乾いたら水または麦茶が最適です。

また、逆に虫歯予防に効果のある食べ物もあります。食物繊維は食べるときに顎を良く動かすため、唾液分泌が盛んになり、口腔内をキレイにしてくれる働きがあります。

よく噛んで食べることで歯肉のマッサージ効果も期待できるので、豆類やひじき、こんにゃくなどの料理を積極的にメニューに取り入れてください。

虫歯予防に歯医者でフッ素を塗ってもらった経験がある人もいるはずです。フッ素は歯医者で塗る薬だけでなく、日常的に食べる食品の中にも含まれています。煮干しや緑茶、芝エビなどに多く含まれています。

虫歯菌に負けない強い歯を作ることも虫歯予防には効果的です。強い歯にするためにはカルシウムが大切。干しエビやチーズ、牛乳、ヨーグルト、小松菜、大根の葉、ひじきのなどにカルシウムが多く含まれています。

虫歯予防になる成分を含む食材を積極的にメニューに導入し、虫歯予防には悪影響を及ぼす食材をできるだけ避けることで食事での虫歯予防対策ができます。口腔ケアと並行して食事に気を配ることでより効果的に虫歯予防ができます。

 

TOPへ戻る